Zurich(チューリッヒ生命) チューリッヒ生命 日本支店

「保険セレクト」ストーリー~お客様インタビュー~

私の保険選び O様男性20代 女性20代

◆家族構成
:ご夫婦
◆加入プラン
:《主契約》終身ガン治療保険プレミアム(ご夫婦共に)
《主な特約》ガン先進医療、悪性新生物保険料払込免除(妻のみ)

インターネットでお申込み

長引く通院治療の不安を解消するベストな組合せ。

保険に加入されたいきさつをお聞かせください。

私たち夫婦は2年前に結婚しました。私の母はガンで闘病生活を送っていて、抗ガン剤治療のために2年ほど通院が続きました。その一方で、妻も妻の母の急病で看病や介護に関わり、長期にわたる入院や通院の負担の重さを身にしみて感じていました。その経験から、妻は自分も医療保険に入りたいと考えていました。私は金融機関に勤めていて、独身の頃から国内大手の生命保険に加入していましたが、この機会に自分の保険も見直そうと思い、夫婦そろってチューリッヒ生命のガン保険と他社の医療保険に加入することにしました。

保障内容はどのように考えたのですか?

妻が、ある保険会社のオーダーメイド型の医療保険に注目し、入院や初期の治療費用についてはそちらでカバーすることにしたのですが、ガンの通院治療を保障してくれる特約を付けると保険料が高くなってしまので、もう少し安く抑えられないかと、保険の販売代理店に相談したところ、チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアムをすすめられました。この組み合わせにより、手術や初期の入院費用は医療保険と貯蓄でカバーし、手薄な長期入院と通院治療の部分は終身ガン治療保険プレミアムでカバーできると考えました。先進医療特約やその他の特約を加えても、保険料は手ごろでした。

妻が新たに保険に加入するのを聞いて、私も新たにガン保険を検討しました。それまで加入していた生命保険にもガン診断給付は付いていましたが、一時金で受け取るタイプ。やはり通院治療の保障がほしいと思い、ネットで探し始めました。結局、チューリッヒ生命が最もふさわしい保険ということで納得して申込みました。

私の保険選び O様男性20代 女性20代

暮らしに変化はありましたか?

そうですね。振り返ると、結婚して数カ月後には現在のマンションを購入し、保険を全面的に見直しました。妻は、母の介護から離れて、現在は新しい職場で働いています。私も安心が増えたぶん、ジムに通ったり、食事に気をつけるなど、いままで以上に健康に気を使うようになりました。若いからこそ、生きるための保険は必要です。これから先、家族が増えればその想いはさらに強まるでしょうね。

  • 当社のご契約者様より無作為にご案内をさせていただき、ご協力にご了承いただいたお客様にインタビューを行っております。
  • 掲載内容につきましては、お客様にお聞きした内容をそのまま掲載させていただいております。あくまで個人の経験と主観に基づくご意見・ご感想です。

同じ種類の保険に加入しているお客様のインタビュー